« June 2012 | Main | August 2012 »

2012.07.12

8月5日★女子でもできる自作ソーラー発電ワークショップ

7diasenhabanaどこまで自分たちでできるかやってみる

そういえば、これがブログのサブタイトルでした。
忘れてたわけじゃないけど、最近DIY率が低くなってきた。
この辺で、そろそろいっちょうやってみるかい。

ということで、「女子でもできる自作ソーラー発電ワークショップ」をやりま~す。
女子でもできるけど、もちろん男子が参加しても問題ありません。
難しいハンダ付けとかないから、「未経験なんで…」と躊躇することナッシング。

手ぶらで参加できますが、帰りは大荷物になりますからコロコロ持参で来たほうがいいです。

三度の飯より妄想好き(うそ、三度の飯も大事!)の私の頭の中は、
やりたい事でいっぱいだけど、技術的なことはまったく分からない。

しかも、過去のDIYでは
1. 妄想に毛が生えた程度の設計図を基に作る
2. 途中で「思ってたんとちゃう」が発覚
3. 欠点をどうにかカバーする方法を考えて無理くりに形にする
4. 最初に思い描いてたのと違うけど、ま、いっか、テヘッ

の繰り返しでした。
しかし、同好の士を集めてのワークショップにおいて「ま、いっか」じゃ済まされないし、
それなりに材料費もかかるので、失敗は許されません。

ということで、ちゃんと理系のステキ男子を講師に呼びます。
お金をドブに捨てるようなことにはならないから、安心して来てね。

では、発電システムの概要です。

まずこの発電システムは送電線に繋ぐものではなく、
独立型でバッテリーにチャージして使います。

私は脱原発を望んでいる一方で、脱東電というか、脱関電でもいいのだけど、
既存の電力会社に一方的に依存している今の自分の状態からも脱したい。

だってさぁ、送電線を人質に好き放題、電気料金を上げられても抵抗手段がないわけよ。
そうは言っても、私の仕事はパソコンとインターネットがないとできないし、
それ全部電気を使ってる。
だとしたら、せめて一部だけでも自給できないかと思うわけです。

今回使用するのは20W用のパネルで大きさは(64.5×29.5×2.3)
ちなみに重さは2.4Kgね。

さらにバッテリーは充電電圧MAXが14.4~15Vで、充電電流MAXが3Aのもので
(と言われても、私もなんのこっちゃよく分からないけど)
大きさは(10×15.1×6.5)で重さが2.5Kg

プラスインバーターが0.5Kg、それ以外の細々したものを含めて総重量が6Kg足らずになります。
コロコロを持参する大切さが分かってもらえたと思います。

今回重視したのは持ち帰れる大きさのものであること。
作り方さえ学べれば、家に帰った後さらに大きなパネルを購入して、
システムを増やすこともできます。
その後、近所の人に作り方を教えてあげれば地域の電力自給率もアップするし、
多分、近所の人には感謝されるし、もしかしたらお礼にとわらしべをもらえるかもしれないし、
そのわらしべを交換していけば、最終的に家も手に入るかもしれません。

家は手に入らないかもしれないけど、電気を自作したい方は8月5日に集まれ!

************************************************************

日時: 8月5日(日)13:00~
場所: ガレリア★アノニマ
料金: 22,500円(材料費込み・おやつ付き)見学のみは1,000円
定員: 8名(見学者は除く)
講師: 雫 英樹さん

材料入手の関係があるので申し込み締め切りは7月29日です。
物は要らないけど、作り方だけが知りたいという方は見学のみも選択できます。

講師の雫(しずく)さん、最初に名前を聞いたときは芸名かって思いました。
筑波大学大学院を卒業したバリバリ理系男子だけど、
パーカッションも叩けば、VJもやる、と頭も心も共にやわらか。
今は千葉県匝瑳市に移住して、農業をやりつつSOSAプロジェクトの電力大臣だそうです。

匝瑳市でも電力自給WSはやるそうなので、千葉県在住の方は荻窪に来るよりも
そちらに行かれたほうがいいと思います。

************************************************************

あとね、大人の部室2回目やります。

日時: 7月26日(木)18:00~22:00
入室料:300円
注意: 夕方なので自分の夕食は持ってきたほうがいい

今回の試みは「絵心ナイ~部」という部活が始まるということ。
「絵心は無い。だけど、絵が上手くなりたい」という
部長(言いだしっぺが部長な)の魂の叫びにより発足。
絵心のある有志(通称OBもしくはOG)指導の下、自主練します。

ちなみに私は受験に要るかもと思ってデッサンを1年ぐらい習ってたから
そこそこ絵心アリーmyラブだけど、私の絵はまったくもって面白みが無い。
だからこそ味わい深い絵を描く部長に上手くならないでってお願いしてるんだけど、
部長の意思は固いらしく、毎度却下されております。

ちなみに部長画伯の作品
Draw20120709
あと、部長は「企画相談部」も掛け持ちでやってらっしゃるので、
何かビジネスプランや地域活動の案件がある方は相談もできます。

************************************************************

ソーラー発電WSのいい写真なかったから、サブリミナル効果を狙い
トップに捨てマ入れました。
これについても書きたいのだけど、時間があるか分からないからとりあえず。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2012.07.08

結果報告

P7010304

あ~、少年アヤちゃんが好きすぎる…

ついつい読みふけってしまい仕事が進みません。
どうしてくれんねん。

6月は食費節約チャレンジ月間でした。
チャレンジの目的は自分の最低ラインを知るためで、
最低いくらのお金があれば、1カ月過ごせるのかが分かっていれば、
いろんな意味で心強いじゃないの。

最終的には118円を残してゴールしました。(ただし、米は除く)
ちなみにその間の外食は2回。
1度目はクライアントさんにごちそうになり、2度目は前後の週で調整。
あと、ブログを読んで、なぜか私にお金がないと勘違いした親から
米と野菜が送られてきた。

結論は2週目ですでに出ていたけど、外食や中食をしなければ余裕です。
しかし、これは私には意外とキツかった。
仕事が忙しいときの強い味方、ラシェットのお弁当が買えないのよね。
よっぽど食べたかったらしく、7月1日の昼には買いに行ったよね。

よかったことは、どうしてもやめられなかった夜中のコンビニチョコを
買わずに過ごせたこと。
しかし、これは7月に入った途端リバウンドした。
朝型に変えて、夜中に仕事をしなければなくせそうなのだけど、
朝型への移行は何度か試みたものの、今のところ、まったく成功しておりません!


もうひとつの報告はのぐそ会こと、
「うんことキノコの不思議な世界 ~のぐその本懐~」

いや~、これ面白かった。
伊沢さんという人を一言で言うと

超★言行一致

まぁ、わたしも言うたら環境負荷の少ない
持続可能な暮らしを探ってるほうだとは思うけど、
それでも現代人としての快適な暮らしはなかなか手放せない。
(し、手放さなくてもいいのではないかと思ってる節もある)

伝わりやすいから、ついエコとか、ロハスといった言葉を使うけど、
「ロハス? ワロスワロス」な人たちの言い分も少しは分かる。

だって、青山のマルシェで有機野菜を買うのも、ブランドの服を買うのと同じで、
「結局ファッションかよ」って言いたくなる人いるもんね。
(ちなみにこの件について、私は動機はどうあれ、
いいことをするほうがいいに決まってるという立場なので、
むしろファッションでだましていいから、こっち側に取り込みたい)

しかし、伊沢さんの思想と行動はぴったり一致しているため、
そういうツッコミの入る余地は1ミリたりともございません。

難癖つけてやろうと思っても、「すみません。参りました」ってひれ伏すと思う。
自分もできるかどうかは別として、一本筋の通った人の話を聞くのは気持ちいい。
そして中途半端な自分がちょっと恥ずかしくなる。

あと、伊沢さん自身がすごくチャーミングな人なので、話に清潔感がある。
これ、特に糞尿の話をするにおいて重要じゃないですか?

そしてトークの後の交流会で饗されたのはH食堂さんのシャレの効いたケータリング。
巻きんことキノコの2種類のカレーでした。
あと、食べられるキノコのフィギュアもついてたよ。
ちなみに味はおいしいカレーでしたw

Ca4

当日の参加者は15人。
うちでやるにはちょうどいいボリュームだったけど、
伊沢さんの話はもっとたくさんの人に聞いて欲しいと思いました。

また、いろんな場所でトークショーあると思うので行ったほうがいいよ~。

↑今読んでるけど、これも面白い。

| Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2012 | Main | August 2012 »