« October 2011 | Main | February 2012 »

2011.11.15

音楽と森

森と音楽に囲まれたブルーシャトーのような日々を過ごしている。

立て続けに友人に誘われて音楽を聴きに行き、楽器を体の延長部分のように自由自在に操るのを見ると
何年も何年もピアノを習っていたのにバイエルが終わらなかった自分が悔やまれる。
(単にまったく練習をしなかったせいで完全なる自業自得なんだけどさ)

それから森が出てくる映画も見た。

光と影の間にあるもの」では街では居場所のなかった自閉症の老人が癒やされ
「ブンミおじさんの森」では、人は森で生まれ変わる。

森が人を癒やすとか、母胎回帰のメタファーとして描かれるのはそう珍しいことではない。
だけど正直今までの私は今ひとつピンと来てなかった。
イメージとしての森は分かるけど、実際に行くのは別にいいよって感じ。

だって、森ってじめじめしてたり、虫がいっぱいいたりするじゃないですか。
私は人一倍、蚊に刺されやすいし、洋服に草の汁がついたら取れないし。

しかし、しかしである。
今回の私は急に森に行きたくなったのである。
最近、同世代の友人たちが軒並み山登りをしていて、その写真を見ているせいもあるかもしれない。
私も山登りしてみようかなぁ、なんて。

はっ、これが中高年が山に登る理由か?

そして森つながりで言えば、森元修一監督の「大津波のあとに」がアップリンクで上映されます
(ええ、ええ、自分でもこじつけが乱暴なことは承知しております)
私は9月に観たのですが、その後に上映された山形でも好評だったようです。

この森元氏というのは気遣いの人なのです。
わが家でパーティーなどをした場合、最後に「お皿を洗おうか」と申し出てくれる男子は彼ぐらい。

念のために言いますが、うちに来たら皿洗えと言ってるわけじゃないよ。
むしろ自分がおもてなしをする立場のときは、ゲストには気を使わずにおもてなされて欲しいと思ってるので、
まったく気を遣わずにニコニコ顔で帰ってもらうほうが、私的には成功なのです。

閑話休題。

この作品には彼の気ぃ遣ぃ~な性格が見事に表れてて面白い。
ゴリゴリのドキュメンタリーなら、そこでぐいぐい中へ入っていきそうな場面でも、
彼は少し引いた場所で話を聞いている(だって気ぃ遣ぃだから)
思わぬ告白がさらりと出たときも、そんなつもりで聞いたわけじゃなかったけど…と
アワアワしているのが、観ている私にも伝わってくる。
そしてそんな自分が無神経だったんじゃないだろうかと悩みまくるのも画面から伝わってくる。
彼らしい。

だけど、普通の人が被災地に行ったとしたら、そういう状態になるのが当然じゃないかしら。
何かできることはないか、自分に何ができるのか、同じ自問自答を繰り返した人は、
この作品を見ると自分がもし行ってたら… という追体験ができると思います。

上映はアップリンクにて19日からの1週間のみ。

ギリギリガールなのに今回は早目に書いたぜ。
だって、いまからベトナムに行ってくるからな!

ベトナムではちょっと面白いことを体験する予定です。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2011.11.08

ゾッとする話

よく過去の恋愛について男は別名保存、女は上書き保存って言うじゃないですかぁ?

という前提で話をしようとして2回連続で「え、何それ? 初めて聞いた」って
いう反応が返ってきたので、この言説がどの程度流布しているのか自分でも自信がないのだけど、
それを言ってたら埒が明かないので、流布しているという前提で話を進めます。

いきなり結論から言うと、あれ嘘やねえ。

確かに上書きされることはある。
もう好きじゃない、を大きく上回ってオエって思うようになったら。
理由があるのかもしれないし、実際のところはないのかもしれない。
ただ、魔法が解ける瞬間があり、解けてしまったらもう生理的にダメなときがある。
きっと男の人には理解されにくい感覚だと思う。

あの感覚をものすごくうまく描いてたのが「ペルセポリス」なの。
マルジの最初のBFカール(多分、名前うろ覚え)は最初金髪で天使のような男の子として出てくる。
超うかれモードのマルジ。
しかし、カールの浮気発覚!
次の瞬間からカールはニキビ面のブサメンとして描かれる。
わかる、すっげ~わかるよ。
本当にああ見える。

浮気された腹いせでブサメンにしたんじゃないかって?
多分、ブサメンのほうが実物に近いと思うんだ。
だけど、恋の魔法という名のメガネをかけていると天使に見えるんだよねぇ。
本当に恐ろしいメガネだよ。

だから関係が終わりかけのときに、「自分の悪いところを言って。直すから」
という説得はまったくもって意味がない。
そんなことを言うヤツに限って、実際に悪いところを直したためしがないし、
そもそも、相手をイラつかせている部分は好きじゃなくなったことに起因していて、
好きだったときはむしろ胸キュンポイントだったりするからね。

二回言うけど、本当に恐ろしいメガネだよ。

というようなことを「ブルーバレンタイン」を見ながら思いました。

でも、逆に言うとオエってならずに終わった恋はちゃんと別名保存されていて、
たまにフォルダーを開いて眺めたりしてるんだぜ、女だって。


最近、パートナーの気持ちがわからない…。
そんなあなたはUNO先生に相談(え?)

今週の土曜日12日にアノニマにてUNOさんのセッションがあります。
(ちゅうか、ぼんやりしてたら、もうすぐじゃんか)
今回はいつもの星読み60分+アロママッサージ10分のフルコースではなく、
星読み30分のお試しコースです。

ちらほら枠が埋まりつつあるようなので、UNOちん先生にご確認を。

あと、当日はとみこさんによるパワーストーンを使ったアクセサリーも出ます。
こんな感じ↓

ま、言うまでもないことですが、パートナーの気持ちがわからないときは
占いに頼るのではなく、本人とちゃんと話そうぜ。
ただ、なぜこうなっているのか腑に落ちることはあるかもしれません。

Pb060220_2


Pb060222_2


| Comments (0) | TrackBack (0)

« October 2011 | Main | February 2012 »