« February 2011 | Main | July 2011 »

2011.03.24

原発はなくても大丈夫

Angel ホド先生の心理魔術(シコマヒア)や「悲しみのミルク」について書きたいのだけど、
先にこのモヤモヤを出してしまわないことには前に進めそうにありません。

わたしは自分でもびっくりするぐらい地震の揺れが怖くないので、
余震に対する不安もないし、こんなときで仕事もまったくないから、
おのずと考えることは一つに絞られてきます。

一番大きく思うのは、東京は何様やねんってこと。
(もちろん東京の中には都民である私のことも含まれております)

東北地方にある福島県に東京電力(関東電力ですらないし)がある不思議さ。
知識としては知っていても、それがどういうことなのか、
腑に落ちるというレベルで初めて理解できました。

「被災地のために節電を」と応援してたつもりだったけど、
よく考えたら今まで奪ってきたものをちょっと返しただけのこと。
しかも停電するときは23区は除外。
要は東京のまわりにいかなる犠牲を払わせてでも、
23区の電力だけは確保するってことですよね。
どう考えてもそこを止めたら一番節電になるのに。

わたしは23区内の住民ですが、停電上等!と待ってるのに
一向に来やがりません。

でも、こうやってみて分かったことがあります。
どうやら原発がなくても、電力は何とかなりそうってこと。
そりゃ、お金と一緒であればあるだけ使うのが人情ってもの。
でも、無いなら無いで何とか工夫しますよ。

実際、灯りが半分ぐらいに減った夜の新宿の街を見ると、
これぐらいの灯りで十分だなあと思う。
あんなに夜が明るくある必要はなかったよ。

かつてはわたしも暖房の効いた部屋でテレビをつけ(BGM代わり)
パソコンでメールのチェックをしながら、
ドライヤーで髪を乾かしてることもあった。
ほんま、あの頃はすまんかった。

一度に4つ使っていたものを2つだけにする。
そういうことをすべての人がやれば何とかなるはず。

でも、喉元すぎれば、またじゃんじゃん使うようになるかもしれない。
そういう時は思い切ってブレーカーが落ちるかのごとく、
一気に23区も停電したったらええねん。

はっ、いかん。
わたし電力を使いすぎてたわ、と気づかせればよいのです。

そうすれば何べん言ってもエアコンの温度を下げまくる
おっさんも反省するであろう。

もしかしたら3時間かけて仕上げた企画書が
消えてしまう新人がいるかもしれない。
でも、一度でもそういう目にあえば
こまめに保存することを覚えるであろう。
(これはわたしも他人事ではないね)

病院関係は… 
こ、これはすべて自家発電装置を備えてもらうことにしてモニョモニョ…

でも、このブレーカーが落ちるような停電は多分すぐ復活するのです。
子供の頃は5分や10分で回復するような停電がちょいちょいあった気がする。
あの感じです。

悲壮な思いと備えで順番に3時間ほど停電するのではなく、
全部が一気に5分ほど停電。
その都度、みんなで明るく反省。
そんな社会でいいじゃないか。

これでもまだ足りないというならば、
ビッグビジネスを予感させるアイデアをお教えしましょう。

フィットネスマシンを製造している会社は、
トレッドミルやエアロバイクに新しく非常時モードをつけるといいです。
もうお分かりですね。
走れば走るほど発電される仕組みです。

通常時と違ってかなり負荷はかかりますが、
たくさんの人に感謝される上にメタボも解消できる。
そうだ、この機械を各病院に納入すればいい。
停電すると太り気味の事務員が呼び出されて走らされるのです。

あと、実際夜間の電力は結構余ってるそうじゃないですか。
なので低血圧の人を集めた夜型株式会社があってもいいと思います。
大体、夜の9時ごろ出社して始発で帰宅。
これで社員は朝と夕のラッシュから解放されますし、
社会全体のラッシュ自体が緩和されるかも。

ただし、同じ会社で朝型社員と夜型社員に分けて出社したら
本も子もありませんから、その辺は厳格にやってもらいたいです。

どうやら将来、原発が無くても大丈夫だと思いますが、
今、現場で危機を回避すべく努力を続けている方々には感謝していますし、
体への被害が最小でありますようにお祈りしています。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2011.03.13

生きろ

たまにしかブログを書かないくせに、前回書いた内容があまりにもあれなので
一言、言わせてください。

このたびの地震で命を落とされた方には心よりお悔やみを申し上げます。

そして、今生きている人。
現代の文明の利器と、それを使用したヒューマンネットワークを最大に利用して
何が何でも生き続けてください。

私は東京でできること(無駄な電力を使わないこと、祈ること)をしようと思っています。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2011 | Main | July 2011 »