« September 2009 | Main | November 2009 »

2009.10.18

ホラーの秋

9_miles_down

人柄的には大好きだけど、まったく自分の趣味じゃない作品を作る彼。
(実は才能が無いの婉曲的表現、趣味が違っても本当に才能があれば無問題)
そういう恋人を支えるためにできる正解とは?
という相談をなっちゃんに30分ぐらいしました。

恋人もいないのにw

妄想の秋、満喫中!

先日、自分のやった仕事を見に某所へ行きました。
その前の週に行ったときたくさん目に付いた不備を、
観客の立場から主催者に伝えようと思ったんですよね。
だけど「今、忙しいから…」と軽くあしらわれたうえ、
その日の上映はもっと状態がひどかった。

1.まず音が悪すぎる
2.映像の出力元がパソコン
それだけでもどうかと思うけど、映画上映中ずっとタスクバー
(って言うんですか? ウィンドウズの画面の下のほうにいるヤツ)も映ってた。
せめて全画面表示にしろや、と思いましたが気づく様子なし。
3.上映中何度も「ポコン」という音と共にタスクバーから吹き出しに入ったアラートが出てきた

いくら無料とはいえ、観客をなめんなよな。
ムカムカしたので、上映後のサロントークは聞かずに帰ってきた。

遠足が家に着くまでが遠足であるように、
映画もお客さんが気分よく見てくれるまでが映画。
内容は好みの問題だけど、環境は最低限の条件ですよね。
私もたまに映画会するから、自戒の意味も込めて書いておく。

で、またまたこちらも告知ですが、
ハロウィーンに合わせて(多分)渋谷のシアターNでホラーフェスという、
ホラーばっかり集めた映画祭があります。

http://www.horrorfest.jp/index.html

私は彫刻刀でざっくりやっちまった自分の血を見て気絶するような人間なので、
切り株の楽しみ方はまったく分からないのですが、
担当した「地底の呻き」はゴアもグロは少なめ、
むしろじわじわと狂気に蝕まれていくのが怖い映画なので助かりました。

初日には特殊メイクしてもらって写真を撮るイベントがあるので
デートムービーにどうぞ。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »