« November 2005 | Main | February 2006 »

2006.01.28

あってはならないことを目撃してしまいました。

rockstar つい先日のことです。
久しぶりにヒアリングが必要だったので
深夜にヘッドホンをして必死で聞き取りをしていました。

たまたま辞書をひいたり、調べ物をしているうちに、
一時停止が解除になってしまったようで、テレビに切り替わり
突如、大音量でハイトーンボイスが耳の中に飛び込んできました。

ひぃ~~~~っ!!!(鼓膜が破れるぅ)

どういうわけか、ワークテープってどれも音量が小さめなので、
ヒアリングするときはかなり音量を上げているのです。

ふと画面に目を上げるとそこに居たのは、
メタルファッションに身を包んだ長髪の…

…マーキー・マーク? それともヒース・レジャー?

どっちや?
この二人、時々見分けがつかないことありませんか?
あ、私だけですか?

つい画面に見入っていると、とんでもない字幕を見てしまいました。

「ペログリしてやる」

どぇええっっ?
ペ、ペログリですか?

ついこの前、康夫ちゃんしか使っていないと言ったばかりなのに。
これも一種のシンクロニシティ?

まぁ、とりあえずこの言葉を使っている人が、
少なくとも日本に二人はいることは分かったけど、
でも、流行ったことが一度もないことには変わりはありません。
みなさん、安心して使用はやめてください。

ちなみに、その映画とはマーク・ウォールバーグ主演の「ロック・スター」
何がびっくりしたって、この映画はビデオストレートではなく、
ちゃんと公開してたらしいってこと。
初めて聞いたわい。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.23

小人のブログ屋

imag16 どうやら、更新が滞っているところを見ると
眠っている間にブログを更新してくれるはずの小人に
アファーメーションの呪文が届いていないようです。ちぇ。
しょうがないので自分で書きます。

あの~、最近、自分でもヤヴァイぐらいに
翻訳力が上がったことを実感するんですけど…
(あくまでも当社比なので、クレームは一切受け付けません)
…と思っていたら、どうしてもワードで変換ができない言葉があり、
もしやと思って調べたら、30ウン年間モロバのヤイバと思ってた
諸刃の刃は「モロハのヤイバ」と読むことが判明しました。
(とはいえ、子供の頃にそんな言葉を知ってるわけないので、
せいぜい思い込んでた期間は20年程度と思われます)

こんなだからATOKに「もっと語彙を増やしましょう」とか言われちゃうんだ。
ショボ~ン。

有頂天な気分なんて7分ぐらい持てばいいところ。
語学の学習とは、長い停滞期を経た末にちょっと体重が下がり、
また停滞期が続く…、そんな苦しいダイエットのようなものです。
(ダイエットしたことないけど、気分でテキトーに書いてしまいました)
まぁ、ほとんどが暗闇っちゅうことです。

1/19

3年ぐらい前に劇場公開作品と言われて翻訳した作品の試写に行く。
ラーメンズの名前が思い出せなかった方が字幕監修をしているので、
名前は出ないと思うけど、この仕事をしている者としては、
第一の目標である昼間のロードショーなのだ。うひひ。

ギャグなどけっこう手を入れられてるおかげで、
比較的、冷静に見ることができたら、意外なことに気がついた。

タ、タイムリーすぎる。
3年寝かせた甲斐があった?

フランコ将軍のパロディと思われるドクサイ王国の将軍様。
彼の資金源はとにかく建設、建設、建設。
アホほど欠陥住宅を建てまくっては、巨万の富を得ているのだ。
多分、ストーリー的にも、映画の売りとしても、
見るところはまったくそこじゃないことは分かってるけど、
建設業界が汚職と銭にまみれた業界なのは、意外と共通なんだな。

監修について言えば、スペイン語の呪縛から解かれている分、
ギャグはうまく機能してたと思う。

ところで、字幕監修というと必ず悪夢と共に思い出してしまうのが、
「ガーターベルトの夜」である。
現在の長野県知事である田中康夫が監修したのだけど、
多分、康夫ちゃんてば、嬉しくてはりきりすぎてしまったと思うの。

冒頭の主人公がセックスに関する街頭インタビューをするシーンで、
いきなり「あなたのペログリちゃんの回数は?」ですと。

一応、若い人のために言っておくと、
昔は流行ってた言葉を今でも康夫が使い続けているのではなくて、
当時ですら、康夫以外は誰も使ってなかった言葉なのだ。
百歩譲って、途中で出てきたなら話の流れで意味は分かるかもしれんが、
導入部でそんな誰も知らない言葉使われたって「????」だ。

ちなみに見ている人に「?」と思わせるのは、
字幕では一番やってはいけないこと。
そして極めつけは「中沢新一してる~」って、おい。
確か、哲学的なウンチクを垂れている相手に向かっていったと思うけど、
フランス人やのに中沢新一て。ねえ、奥さん、どない思わはります?

やっぱり頼まれたからには、クリスタルの名にかけて…
じゃないが、誰が見ても康夫と分かるものを作らなければと思ったのだろう。
そんなのは訳者の思い上がりに過ぎない。

私は何度も言ってるように、仕事以外ではビデオもDVDも見ない劇場派。
15年以上前に見たっきりの字幕を今でも覚えてるということは、
ある意味、心に残る字幕なのかもしれない。

| Comments (3) | TrackBack (0)

2006.01.14

More so!

mortadelo 何日も家から出ずに、ひたすらパソコンの前に座ってる人間なんて、
大概が現実逃避型の妄想族に決まっとるわけですが、
かくゆう私もご多分に漏れず、テレビ→翻訳→妄想を繰り返すうち、
現実世界に妄想が染み出してくるようになり、
だんだん日々の生活に弊害が出る今日この頃。

例えば、

1.電話でエイドリアン・ブロディと言われてるにも関わらず、
 頭の中では思い描いてるのはエロディ・ブシェーズとか、
(エとブしか合ってないやん…)

2.インファナル・アフェアⅢを見て以来
 谷原章介がレオン・ライに見えるとか、

3.アメリがモルタデロに見えるとか、
(おっと、これは見間違いじゃなかった)

4.オダギリジョーが大泉洋に見えるとか
 そして、むしろ大泉洋がオダギリジョーに見えるとか
(うそ、さすがにそれはない)

オダギリ=大泉説は、だいたあたりにネタにされる前に
とりあえず書いておく。

で、岩松了とふせえりの絡み具合とか、緋田康人の立ち位置とかに
激しくデジャブを感じたので調べてみると、やっぱり三木聡でした。
「亀は意外と速く泳ぐ」や「イン・ザ・プール」を見たときに、
面白くないわけじゃないけど、映画にする意味あんのか?
こんなんテレビで充分やん、と思ったので、今回はテレビで本当によかったです。

しかし、映画の国のフィオナ姫こと、麻生久美子がテレビの国に来た途端、
魔法が解けたかのように魅力が半減したように思えるのは、
どうか、どうか、私の思い違いであって欲しいです。
(でも、フィオナ姫はブサイクになってから幸せになったんだけどね…)

| Comments (0) | TrackBack (0)

2006.01.09

明けてましておめでとうございます

KICX0756気づいたら明けてました。

暗~い日誌を書きっぱなしにしてるせいで、
いろんな人から心配されました。スミマセン。
年末から年始にかけての出来事を思い出せるだけ書きます。

11/26 haco Galleryへ行く

なっちゃんも参加した4人展へ顔を出しました。
おおっ!これは…と思ったMIYULUAさんのバッグは非売品でした。

KICX0765 11/29 母、念願の生友川かずき

友川かずき目当てに上京した母と町蔵目当ての私で「SHINJUKU FEST 2005」に行きました。
終わった後、母が「町蔵だけ新宿育ちじゃない、って感じしたね」だって。
おかんよ、本当のこと言うな。

11/30 ついにオーラを見てもらう

自分が想像していた色ではなかったけど、90分ばっちり話を聞きました。 
そしてこの日を境に運気が急上昇。
というか、自分が軽く引きこもっていたことを自覚できたので、
それについて対処ができるようになったようです。

12/5 噂のおじさんコンビを見る

友人の一押しバンド「藤岡藤巻」を見に行きました。
ちょいどころか、まったく不良(ワル)くないおじさん二人組み。

「新宿フェスト」の出演者は、まるで自分がおじさんであることに
まったく気づいてないような人たちだったのに比べ、
こちらのおじさんは、自分の「おじさん性」のみを見つめている…
良くも悪くも、そんな対比が面白かったです。

そして自分を振り返ってみると、前者のようなおばさんになりつつ…。

12/25 (クリスマス)パーティ大成功

KICX0780 最初は、参加すると返事が来た人が3人だけだったので、
プロムに誰からも誘ってもらえないアメリカの非モテ子の気持ちを、
1週間かけて味わいつくしましたが、結果的にはホームパーティに、
ちょうどいいぐらいの人数が集まったのでよかったです。

12/29-1/5 帰省中に風邪をひく 

ついた次の日から風邪をひき現在に至る。
ちなみに帰省中は実家から1歩も外に出ませんでした。

さて、最近アファーメーションという言葉をよく聞きますが、
これって、望みがすでに叶っていると自分に思い込ませるのが有効だそうです。
例:私はすでに宝くじに当たっている(←多分、用法を間違っている)
私の場合、「○○したい」、「××の作品を訳したい」とか、
普通に願ってもほとんど叶った(残るはアルモドバル作品と生ハビエルに会うことぐらい)
と思うのですが、今年は敢えてその方法を試したいと思います。

「私はすでに日誌を12月31日まで毎日更新している」

でへへ、っていうか途中でオチ読めた?
まぁ、こんな調子で毎日更新してるはずなので、今年もよろしくお願いします。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« November 2005 | Main | February 2006 »