« May 2005 | Main | July 2005 »

2005.06.22

From Barcelona

  KICX0625  KICX0621KICX0618KICX0641

| Comments (2) | TrackBack (0)

2005.06.18

ちょっくら出かけてきます

明日から(おっと、もう今日だった)10日ほどスペインへ行ってきますので、
しばらく日記はお休みします。

1ヶ月間ほったらかしのことも多かったくせに、一応言ってみました。
自分のPCを持っていくわけではないので、現地からの更新は難しそうですが、
可能なら写真ぐらいはアップしてみようかな?

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.12

今週のひとりごと5連発!

KICX0419いつもそんなにエロっちい翻訳ばかりしてるわけじゃないのに、
「加える」と打つたび、「咥える」が一番に変換されるように
学習させてしまった自分が辛い。
ちゅうか、実際には字幕に使えへん漢字やのに。

母と卓球する夢を見たら、母から電話がかかってきた。
が、もちろん卓球の話題は出なかった。
王子サーブまでもう一息やったのに…。
とりあえず、夢の中で「てぇや~」と言ってたことだけは覚えている。

クールビズとか言うてんのに、レディースデーの映画館が
寒すぎるよなぁ。

どうも仕事がはかどらないと思ったら、
30分に1回、スペインのことを考えていた!
どうりで能率が上がらないはず。うふ(←反省しろ)

「インファナル・アフェアⅢ」が見たい。
が、Ⅱを見てないため見に行けない。
そう考えるとⅢから見に行った、というかⅢだけを見た
うちの母親はやはり只者ではない。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.10

アビバから始めよう!

aviva 映画館がなけりゃ、こんな街ぜったい来ねえよ!
と渋谷に来るたびに毎回思う。
しかし渋谷にはたくさん映画館があるので、意外とよく来る。

先週は渋谷に2回行った。
ちなみに先週、荻窪から出たのは3回。
ということは60%以上の確率で渋谷に行ってる。ワオ!

6/2 「NOTHING」の試写に行く

こうなると邦題も何もあったもんじゃないですね。
アイデア勝負な映画なので、感想は書かないでおきます。

が、ひとつだけ。

私は今までカナダ人というと、人の良いアメリカ人みたいなものと思っていた。
が、どうやら女の人は全員がビッチらしい。

6/4 「おわらない物語 アビバの場合」を見に行く

この映画、原題は「Palindromes」と言う。
パリンドロームで思い出すのは、やはり「アナとオットー」
映画の中で「パリンドロームは幸運が戻ってくるから、この名前にしたんだよ」
と父親がアナに言うシーンがある。

が、こちらのアビバちゃんは、まったくついてない。
ある種、戻ってこようとした幸運までも、跳ね返してるような人生である。
トッド・ソロンズなので、当然、その悲惨さは最後まで救いがない。
だけど見終わった後に嫌な感じが残らないのは、
彼は出てくる奇妙な人たちを笑い飛ばしているけど、
決して笑い者にしているわけではない、からなのかな~と思った。

だって、写真で見る限り、
トッド・ソロンズは明らかに当事者というか、あっち側の人だもんね。
な~んていうのは偏見か?

あ、これから見に行く人へ
もし「ウェルカム・ドールハウス」を見てないなら、先に見たほうがいいと思います。
見た人も、もう一度、復習してから行ったほうが楽しめます。

| Comments (0) | TrackBack (1)

2005.06.08

ポルノグラフィとはなんぞや

Exta1

内容とまったく関係ない写真を入れてしまった
許せ、ハビエル

少し前の日誌で「9Songs」のことを翻訳がひどい欠陥商品であるかのような、
まるで営業妨害のようなことを書いてしまった。
でも、よくよく思い返してみると、内心「これちょっとなぁ…」
と思うような他人の字幕を見たときに、それとなく友人に聞いてみても、
「そうだっけ?」だとか、「全然気がつかなかった」と言われることもあり、
人はそれほど字幕のできに頓着してないようので、意外と大丈夫なのかも。
(あ、これは自己弁護ではなく、あくまでもこの映画のハンデになってないという意味です)

とてもいい映画ですので、ぜひ見に行かれるとよろしいかと思います。

しかし、それ以来ずっと考えていることがある。
つまりポルノグラフィとは何か、という問題である。
仕事の依頼を受けるときに、翻訳会社の人はこう言った。

「ポルノなんだけど、あなたやる?」

ポルノだと言われてやらない理由はないので、もちろん引き受けたのだが、
オープニングのタイポグラフィを見た瞬間に、これがポルノでないことは分かった。
映画を見た人には分かると思うけど、これは純粋なラブストーリーである。
恋愛中のたいていのカップルはセックスをする。
なので映画の中でも、同じように性描写が多く含まれる。

でも、なぜこれはポルノではないと私は思うのだろう?
マイケル・ウィンターボトムが監督したから?
セックス以外の恋人たちの物語があるから?

でもな~、ピンク映画もちゃんとストーリーあるからなぁ。

というわけで、いまだに私の中で答えは出ていない。
なので知っている人がいたら教えて欲しい。
映画がポルノ映画になる境界線を。

| Comments (0) | TrackBack (0)

2005.06.01

懲りないわたし

kinshobai仕事中に煮詰まってきたので
キーボードを裏返してトントンしたら、

錦松梅みたいなものがいっぱい出てきた。

でも、これをご飯にかけて食べても美味しくはないと思う。多分…。

なのに相変わらず、ボロボロこぼしながら
PCの前でものを食べる懲りないわたし。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2005 | Main | July 2005 »