« August 2004 | Main | October 2004 »

2004.09.10

ドトーを待ちながら(3)

緊急告知!

もうあと一週間を切りました。
私もいまいち正式名称が分からない
hispanic beat film festivalが開催されます。

おすすめ作品は『ヒステリー時代の恋』、『トレモリーノス』
『マイ・マザー・ライクス・ウーマン』などでしょうか。

おい、それはおすすめではなくて、自分の宣伝だろ。

とはいえ、この中で見たことがある作品はこの3つだけだし、
そのどれもが面白いので、あながち嘘ではないどころか、
本気でおすすめしております。

プログラムをざっと見たところ、
ダニエル・ヒメネス・カチョ&レオノール・ワトリング祭りですね。

そんなこんなで、あいかわらず1ヶ月遅れの日誌をお送りします。

(7/25)
数日前に上げた翻訳と同じ作品のコメンタリーの仕事を来週にひかえつつ、
瞬間的に空いた日曜日だったのではあるが、
多忙のあまり不覚にも木材が仕入れられなかった。
なので、あまりすることがない。
S嬢はマナに抱かれ中、MC嬢は風邪でダウン。
なっちゃんと二人で、懸案事項だった和室の押入れのふすまを分解してみる。

KICX0328.JPG

涼しそうですね。

この骨組みに板を打ちつけて、ペイントすれば、
何とか洋室の体裁は保てるのではないだろうか…。
今日のまかないは、そうめん。
二人なのにたくさん茹ですぎた。

(7/29)
コメンタリーのスクリプトが届いたので、ハコ割りを始める。
この作品は監督とプロデューサーの二人でコメントしているのだが、
片一方が話している最中に、相方が打つ「yeah」だとか「Mm, hmm」と言った
相槌も全部とってある。ヒ~~ッ。しかもご丁寧にoverlappingとコメントをつけて。

ヒアリングした人、頑張りすぎですから! 訳せませんから!

しょうがないので、ハコ割りの前に余分な相槌などを削除することから始める。
そんなこんなで一日。(この頃は2週間あると思って余裕ぶっこいてた)

(7/30~31)
ハコ割り。ずっと二人がしゃべり倒しているのでなかなか終わらない。
31日の夜はL&G映画祭の翻訳チームの打ち上げに参加する。
この時にはすでに冒頭で紹介したhispanic beat film festivalのために、
スケジュールを空けておかなければとぼんやり思っている。
(この時もまだ、土日が2回あるから大丈夫と楽観視している)

(8/1)
まだ木材を仕入れてなかったのと、自分の気持ちが落ち着かないので
作業はお休みしたのだが、なっちゃんとペンキやら必要な物の買出しに行く。
ウナカメでお昼ご飯。美味しかったけど、あと三人前は食べられそうな量だった。
なんせ、私はどんぶり飯じゃないと、食べた気がしない女でありますから。
午前中にささっと買い物を済ませ、午後からは翻訳にあてるつもりが、
気がついたら2時。あ~、ほっこりし過ぎた。

(8/3)
この日は有休を取っていた。
もとはカフェも併設しようかと思っていたので、
『食品衛生責任者』の講習を受けるためだ。
もうカフェはしないし、行くのをやめようかとも思ったが、
また何かの機会に、ふと飲食関係の仕事をしたくなるかもしれないので、
取れるときに取っておこうと思いなおした。

隣の席に座っていた女がずっと咳をしていて、
しかも手で口を押さえないので不愉快なことこの上なし。
しまいには、喉がいがらっぽい気すらしてくる。
講習中は昼寝がたくさんできたので、
連日の睡眠不足が多少なりとも解消される。

| Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | October 2004 »